アジアの尾根遺産【ヤンゴン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、ヤンゴン関連記事だけを移転させました。

マッサージ

【2016/10/22】ディスコをハシゴしてみたら

各地を手広く探索していらっしゃる、お馴染みWFR様ですが、意外にもヤンゴンは今回が初訪問とのこと。ディスコをハシゴして、その戦果は?

 

◎ZERO ZONE

到着初日に行ってみました。エレベーターの年季の入り方が流石です。


ビールを飲んでいたら、8:30頃からショーがスタートしました。

とはいっても、8人位が私服で歩くだけ。


ショーが終わったら、女性たちはさっさと移動してしまいました。


その後、歌が始まったのですが、下手な上に音響が悪いため、耳障りで我慢できず、さっさとエンペラーへ移動。


料金は、焼きそば3K、瓶ビール2K×2でした。

CIMG2622

◎エンペラー 

初日は、20人位の女性に取り囲まれ、「こんにちは」「大好き」「愛してる」を連呼されました。


我慢して15分くらいそのまま座っていると、人が減ってきたので、残った中から1人選んで座ってもらいました。


特に話をすることもなく座っていて、ドリンクを要求されることもなかったですが、持ち帰り90Kの提案を断るとチップをくれと言われ、10Kを渡してお引き取り頂きました。


最後まで鑑賞したのですが、それなりに楽しめるショーでした。


2回目は、前回のことを覚えているのか、それほど女性は寄って来なくなり、日本語が堪能な女性と雑談して、ショーを見て過ごしました。


3回目、持ち帰り無しと認識されたのか女性はだれも寄ってこなくなり、日本語が堪能な女性から、この店の最近の情勢等について詳しく話を聞きました。

 

◎J.J.

1回目は開店直後のミーティング中に入店。

揚げ麺のおつまみ付なのでビールが進みます。


そのうち女性が勝手に隣に座ってマッサージを始めました。

気持ちよいのでそのままにしていたら、70Kで持ち帰りの提案があり、60Kまでディスカウントされましたが、断ったところ「チップをくれ」と。


5K出したところ、ひったくるようにして行ってしまいました。


ボーイやウェイトレスもチップ攻撃が毎回すごかったですね。

あまりにしつこい時は、飴1個渡してごまかしていました。


2回目はエンペラーのショーが終わった後に移動し、23時頃に入店。

ステージの横の席に座りました。場内はお客さんで一杯です。


既にショーが始まっており、結構花輪も飛び交っていました。

おそろいのドレスでの行進あり、ダンスあり、最後は花輪集めの決勝戦があり、盛りだくさんの内容でした。


ショーが終わったところで退散しました。

 

◎某ディスコ

*ヤンゴン編2016-17の25ページ

滞在最終日に訪問しました。

21時頃入店したら客はほとんどおらず、21時半を過ぎてお客さんが入ってきました。


それらしき女性が10人位立っており、順番にやってきて、いきなり「Go Hotel OK?」と言われ、それ以上の会話は続きません。


試しに値段を確認したら一律100USドルとのことでした。

音がうるさすぎるのに我慢できず、1時間程度で出てしまいました。

◎某ディスコ2

*ヤンゴン編2016-17の28ページ

タクシーの運転手から、「最近問題が起こって客もほとんどいない。行かない方がいい」と言われたのですが試しに行ってみました。


外から気配を確認したところ、客がいる感じがなかったので、そのまま帰ってしまいました。

 

◎管理人からの補足

WFR様、ヤンゴンのディスコ尾根遺産とはウマが合わなかったみたいですね。


最後の「客もほとんどいない」ディスコ、今回の再調査で私も行ってみたら盛況でしたよ!惜しいことをしましたね。


次回はエンペラー尾根遺産のインタビューを。


≪ヒックマン様のコメント≫
エンペラーの尾根遺産の記事にもまたコメントさせていただきますが、念のための確認です。


>70Kで持ち帰りの提案があり

>60Kまでディスカウントされましたが、

>5K出したところ

このKは×1000の意味ですね?


実はJ.J.で、あまりのチップ攻撃に心底からうんざりしてしまい、次回はエンペラーだと考えていたら、否が応でもそうなりそうな雰囲気ですが、WFR様のお話しもいろいろ参考になります。


ところで、2016-17バージョンは、その前のものを持っていれば購入不要ということでよろしいのでしょうか? 今度は、今年の年末年始、あるいは1月を考えています。


なおJ.J.についていえば、以前はそこまでひどいチップ攻勢はなかったので、私もある程度毅然たる態度を取らなければいかんなと考えました。


≪管理人の返信≫
WFR様の文章では、K=1000 の意味ですね。


>2016-17バージョンは、その前のものを持っていれば
>購入不要ということでよろしいのでしょうか?

はい、そのとおりです。

後日記事にもいたしますが、新規開拓を試みたものの、期待はずれだったり、潰れていたり、なので。

≪2013/7≫高級ホテルのマッサージで

前回の記事から丸3年。再びヤンゴンで、マッサージ⇒エロの流れが可能な場所を探し求め、訪れたのはダウンタウンにあった高級ホテル。(現在は閉鎖)

city-2125944_640

料金表にはタイ古式、指圧、オイルなどのコースが。

エロ・オプション確率が高いのはオイル、と経験上言えますので、75分23,000チャットを選びます。

登場したスタッフは固太りの、推定20代後半。10点満点で5点、でしょうか。

東南アジアで数多くマッサージを受けて思うのは、ブスなスタッフほど腕が良い、ということ。生き残るための術、なのでしょうか。

今回の尾根遺産も、マッサージ技術は合格レベルでした。


施術は全裸で受けます。パンツを脱いだ私を見て、「ジャパン、スモール」と笑います。

そりゃファランと比べたらそうだろうけれど、これでもLサイズの近藤氏を使う身。あとで変化率の大きさで驚かせてやるぅ!

ひととおり施術が終わると、案の定オプションのお誘いが。

英語もほとんどNGでしたが、手コキのジェスチャーとフェラのジェスチャーは万国共通なのでわかります。

言い値はボッタの50,000チャット!

ヤンゴンでそれだけ払えば、十分ロングできる額です。

「高い!いらない」と無関心を装うと、すぐ4万にダウン。

「それでも高い。2万ならOK」と提示すると、カタコト英語で、他のお客さんは3万くれると言います。

ここは4星の高級ホテルなので、宿泊客ならそれくらい払うでしょう。

それでも私が頑なに2万を主張していると、尾根遺産が2.5と指で示し、私の答えを聞く前から睾丸をスリスリ始めます。これが気持ちいい!

マッサージがあれだけ上手なのだから、手コキの腕も確かだろう、と身を任せました。


しかしこれが、とんだ期待はずれ。(涙

続いてゴムを装着してのフェラ。

ゴムをちゃんと準備してきている、ということはオプションは日常的にしているのでしょう。

しかしフェラも激しく上下するだけで、キモチ良くありません。

尾根遺産を制し、こうしてゆっくり手だけ上下しろ、と指示。その間にお尻を揉んでいると、尾根遺産が上着のボタンを全部外してくれました。

ブラ下から指をねじこみ、乳首をコリコリ刺激すると、敏感に反応して、すぐに隆起してきます。

こころなしか尾根遺産の吐息が熱を帯びてきます。

ここぞ!とばかりに左手も動員し、ブラをたくしあげ両乳首をこねくり回します。

ドアの外はすぐ受付なので、尾根遺産、声をくぐもらせて「んんっ、、、ん! んんっ!」と。

如意棒をシゴく、尾根遺産の上下動が加速します。

愚息を指さして「▼※◆☆■」と何やら囁いてきます。推測ですが「熱くて固いワ~」みたいな意味でしょうか。

推定Dカップを舐めまくり・揉みまくりながらフィニッシュ。


プレイ後は片隅のシャワーブースでオイルを洗い流してくれます。

「ジャパン、スモール?」と私が愚息を指さすと、現地語で「▲□◆!」と何か言いながら満面の微笑み。

その笑顔で、日本男児の矜持を保てたと確信しました。

≪2010/7≫健全マッサージ店でエロエロ

今回はFC2ブログ「アジアの尾根遺産」の過去記事ではなく、「地球の遊び方」に投稿した体験談の一部です。

たまたま同じ時期に、ヤンゴンの同じ健全マッサージ店で、同じように尾根遺産とエロごとをしていた磯仁様と、このレポートをきっかけに交流が始まりました。
(磯仁様の当時のレポートはこちらです)

そういう意味では、今にして思えば私にとっても意味深い投稿だったと言えます。

舞台はオリンピック・ホテル。前日にボンミンでガッカリした記事はUP済ですが、その翌日の出来事です。

DSCN0132

次の日は、健全マッサージ店のあるオリンピック・ホテルに向かいました。火鍋レストランがあるので、中華系ホテルのようです。


中華系ということは、もしかしたら?と少し期待を持ちました。


ネットには「連れ出し出来さえすれば何でもOK」という情報もありましたので。

 

2階に上がると受付横に金魚鉢がありました。18時頃でしたが、尾根遺産は13名いて、何人かは「私を指名して!」と微笑んでいます。ボンミンとは大違いです。

笑顔がチャーミングだったミャンマー娘Nちゃんを指名しました。

 

案内されたホテルの部屋にはベッドが3台。他には何もありません。


部屋の使用料が、時間に関係なく3,000チャット。マッサージ代金が1時間につき3,500チャットでした。


終了予定時間になると、ボーイが部屋に請求書を持ってきます。それを見ると1時間というのは、実質45分で計算されていました。

 

困ったのは、ここのスタッフも尾根遺産もほとんど英語ができないのです。(ヤンゴン・ダウンタウンの他の遊び場では英語で充分でしたが。)


ハウマッチとワンナワーくらいは通じましたが、あとはボディランゲージです。


部屋の扉は完全に閉められないようになっていて、廊下を歩くスタッフが内部を見ることができるようになっています。

「こりゃあ、エロは無いな。」と思いました。


タイ古式マッサージで、技術は本国には劣るものの、悪くはありませんでした。

 

初対面の尾根遺産とベッドインする際、雰囲気を和ませる為によく使う手があります。


背中や脇腹を触られたときに、大袈裟にくすぐったがってみせるのです。


本来がノリの明るい尾根遺産だと、これでいっぺんに和みます。そして必ず、面白がってまた同じ所を触りにきます。

「いひゃひゃひゃ!」と身体をよじってから、頬を膨らませて怒った顔をユーモラスに作ると、もうこっちのペースです。

3度目に触ってきたらこちらも仕返しに、膨れ顔のまま瞬間のオッパイ・タッチやアソコ・タッチで反撃!

この繰り返しで「じゃれ合い」モードに持ち込んでしまいます。

 

Nちゃんにもこの手は見事にハマり、言葉は通じなくてもすっかり気にいってくれたようで「トゥモロー」「ユー」と言いながら床を指さします。

また明日ここに来てね、という意味でしょう。


massage-3601814_640

翌日、バンコクへ戻るフライトが夕方だったので、チェックアウト後の時間潰しも兼ねて、昼から再度Nちゃんに会いに行きました。

 

2時間コースにしたのですが、始めてすぐにNちゃんから3hour!とせがまれました。試しに「3 hour、マッサージ、ヒア?」と愚息を指さすとNoの返事。

しかし昨日からの流れでじゃれ合っているうちに「OK、マッサージ」とNちゃんの方から愚息を指さしてくれました。

思惑通りの展開に内心ガッツ・ポーズです(嬉)

 

ドアから中を見られても普通にマッサージしているように装いながら、見えないようにNちゃんは愚息をマッサージ着のうえから撫でてくれます。

こちらも見えない死角で、Nちゃんのシャツの裾から手を突っ込んで、ブラを掻い潜ってナマ乳を揉みまくります。


「本来こんなことをしてはいけない娘と、隠れてこんなことをしている」というのはメッチャ興奮するシチュエーションゆえ、愚息は最大硬度に。

Nちゃん、親指と人さし指で愚息の太さを測り、次に私の手首を同様に2本の指で掴みながら目を丸くしています。

「手首みたいに太いのね!」という意味だと推測しました。
(実際そんなことはありませんが、近藤さんはLサイズ愛用です)

 

東南アジアの尾根遺産たちはアソコの毛が薄い子が多いですよね。ミャンマー娘も同様です。

そのせいか、3泊して遊んだ娘もみな、私が毛深いことに興味津津な様子でした。

決して気持ち悪がってはいなくて、珍しそうに何度も私の腕の毛を撫でたり、胸毛を撫でたりしていました。

毛深さに自信のある方、ミャンマーではきっとモテますよ(笑)

 

Nちゃん、私の下の毛がどんな風なのか気になっていたようで、マッサージ着の内側に手を入れて、陰毛を撫で始めました。

そこでこちらも攻撃対象を変更し、スカートに腕を突っ込んで奥へ奥へと進ませます。

ピンクのパンティ越しでも、その内側が熱く潤っていることが、温度と湿気でわかります。

私がクリ周辺を撫でている間、Nちゃんは玉揉みと竿しごきを交互に繰り返してくれます。

 

そのまま手コキでのフィニッシュも考えましたが、ここまできたらあとひと押し!と思い、「浴室で隠れてHしようよ!」とジェスチャーで伝えます。

しかしNちゃん、廊下を指さして首を横に振ります。

持っていたメモに「20$」と書いて再度お願いしてみましたがダメ。「30$」でもダメ。

 

ならばもっとソノ気にさせようと、Nちゃんのオシリにカッチカチの肉棒をグイグイと押しつけます。

Nちゃん、マッサージの手が完全に止まり、目を閉じて感じているようです。そして親指を私に立ててみせます。

これは私が前日、マッサージの最中に「ソコが気持ちいい」と伝えるために使っていたサインです。

 

ここでもう一度、浴室でしようよ!と誘いますが、Nちゃんは悲しげな表情で廊下を指さし「No」と。

そして(着衣したままですが)豊満なおっぱいを肉棒に幾度も幾度も押し当ててきます。

これは「ワタシもしたいけど、それは無理よ」ということなのかな、と推測しました。

 

あっという間に2時間15分(45分×3)経過してしまい、ボーイが請求書を持ってきました。

Nちゃんは何事もなかったかのように飲み物を運びに出ていきます。

しかしボーイが去ると、私に抱きついてきました。

そして潤んだ瞳で「トゥモロー」と。


それができるならそうしたいけれど、私は腕時計を指して「Goバンコク、トゥデイ」といい、そっとNちゃんのおでこにKISSして別れました。

 

もし他のスタッフに見つかっていたらどうなったかわかりませんので、このレポートを読んで現地でマネをされても、私は一切責任は負えませんのであしからず。

こうしてあらためて当時を振り返ると、あぁ~~惜しいことをしたなぁ、と後悔しきり。所詮はタラ・レバなんですが。

健全なマッサージ店で、HJにとどまらず最後まで。

その悲願?は3年後に、シェムリアップで成就しました。誘う手口は今回記事と一緒です(苦笑

ご興味ある方は「アジアの尾根遺産/カンボジア分室」までお越しください。

「年間ベスト・エッチ2013」という記事です。

【2015/09/05】ミャンマー尾根遺産の変化

今回はヤンゴンの、8月下旬時点の夜遊び状況を磯仁様のレポートで。

今現在の状況は、今年の11月に行われる国政選挙の為に、飲食業は夜間の営業が夜11時迄に制限されております。

但し一部のお店では現在でもそれより若干遅く迄営業を続けています。


一方でJ.J.を始めとした主なお店の娘らの相場(言い値)は上がっており、こちらは最近の急激なチャット安とは裏腹にかなり強気でありました。


J.J.のボーイの話では、入っているビルではどのお店も現在は全て深夜1時に閉店するそうです。

disco-JJ-Yangon

夜9時過ぎに入店、一段上がった奥の丸テーブル席に案内されます。

座った途端、直ぐにフリー娘にどっと回りを囲まれます。その数8名。

皆こちらが日本人と判るのか口々に「コンバンハー」とか「オニサン、マッサージOK?」などと声を掛けられます。


すぐにその娘らが誰か一人を選べと言います。

やはりこちらをじっと見つめて目が合うと微笑んでアピールして来たりする娘が多いのですが、中にはこちらの腕に顎を乗っけて来たりとか、シャツの中に手を入れて乳首を指先でつまんでグリグリしてきたりとかする娘も。


どの娘も着飾っており、ぱっと見ると一見華やかなのですが、よく見るとなかなかのブサイクもいます。


しばらく観察してその中から気に入った娘二人を指差すと、その瞬間他の娘らは何事も無かったかのごとく一斉に席を離れます。


二人共いかにも日本人好みです。共に18才で二人は友達だと言います。

片方の娘からいきなり「3P?」と言われたので笑って遠慮すると彼女、「どちらか一人を選んでも問題無い」と言います。


専ら英語の出来る片方の娘とお話をすると、やはりと言うか彼女らを指名するお客は日本人が一番多く、次に中、韓と続くそう。

道理で日本人と見るやすぐに寄ってくる訳です。


少しお話をした後で、BJは上手?と尋ねると「BJって何?」と言うので、こうだよと身振りで示すと二人共一斉に嬌声をあげて、何と二人共「したことない」だって!


それはちょっとお話にならないので(要は受け身だけなので)、こちらがフェラは譲れないと宣言すると、二人顔を寄せて何やら相談して「少しならOK」だと言います。


さて気になるお値段を尋ねて見ると、その言い値は80,000K。

彼女曰く「ここのフリー娘は皆80,000Kよ」と。この言い値は前回(6月)と一緒ですね。


でも何とこれはショートだそうで、「一回終わったらすぐに帰る」だって!これは高い!


そこでショートなら60,000Kでどうだ、と言うと「それなら選ばなくても問題無い、ここで50,000K、60,000Kの娘を探せば良い」と言うや直ぐに席を立ってしまいました。


この娘らは本当に普段80,000K(しかもショート)でお持ち帰りされているのでしょう。

それを許すお方も多いのでしょうね。二人共かなり容姿も良く、この値段でもこの娘らを自由に出来るのはかなり魅力的ではありますが・・・・。


さて、一人テーブルに残された当方、その会話を真後ろで一部始終聞いていたボーイが、すかさず耳元で「私が60,000Kで一晩OKの娘を知っていますから」と言い席を離れるや、直ぐに一人の娘を連れて来て「この娘です。サービスも良いですよ」と紹介してきます。


見た目はまあそれなりなのですが、やはり先程の二人からすると明らかにワンランク下がりますね。


この夜着ていたのはまるでアルプスの少女ハイジ風の白いワンピース。これもどこか垢抜けない感じです。

謹んでお断りするとボーイはさらに他の娘らを勧めてきますが、どの娘もやっぱり先程の娘らには敵いません。


そうこうしているうちにファッション・ショーが始まりました。時間は夜の10時半過ぎ、以前よりも30分早くなっています。

ボーイの話ではモデルは100,000Kだそう。これも以前よりも高くなりましたね。


ところでフリー娘の中には50,000Kで可の娘もいるそうです。でもこれも売れ行き次第なのかも知れません。


しかし土曜の夜だというのにお客の入りは以前よりもやや少なめに感じます。ボーイも今日はお客が少ないと言っていました。


ステージ上で娘に掛るフラワーの数もやや少なく、こちらも以前に比べてやや盛り上がりに欠けているように感じました。


≪管理人より≫
2人組尾根遺産、自分らがいくらで売れるのかわかっていて、強気なんですね。


そうさせてしまったのは、もちろん同朋諸氏の態度なのでしょうけれど、慎ましかった過去のミャンマー人を知る身としては寂しさがつのりますね。



≪現住民様のコメント≫

ご無沙汰しています。ヤンゴンがだんだんつまらなくなってきました。

18歳くらいの子が比較的多いってことくらいでしょうか?


今回の洪水で職を求めてこの世界に入る子が増えると思います。逆にこれから良くなるかも。


しかし半年ごとに女の子の値段が上がりますね。

ロングでGo homeされると腹がたつんで、ショートで良い子だったらステイにしたほうがいいですよ。

女の子によってはミャンマー食で臭いがきつい子がいるので。


BJはこっちでアイスクリームで通じます。



≪管理人の返信≫
現住民様、いつもありがとうございます。


選挙の影響で「期間限定」かもしれない状況下のヤンゴンに調査に赴くのはどうかと思い、秋の再訪は止めました。早ければ12月、でしょうか。



≪現住民様のコメント≫
ミャンマー・ヤンゴン駐在です。

エンペラー、J.J.情報ですが、J.J.では暴力事件もあり11時ころに閉店します。雨季でお客も少ないので尾根遺産たちも困っています。

昨日エンペラーに行ってきましたが、いい子が揃っていましたね。

先日の大洪水で家を失った子も出稼ぎに来ているのかもしれません。新人さんも増えたようです。この時期は狙い目かもしれませんね。


尾根遺産の水揚げ(ママさんにお金を払い足抜けさせること)ですが、90万円という娘がいました。

知り合いのママさんに聞いたら、亭主持ちで2~3ヶ月で逃げられるからやめたほうがいいとの事。

50万円に下げてきたそうですが、本人の言っていることが信じられないということで水揚げをやめたそうです。


ちなみにヤンゴンの相場は、5~10万円です。モデル級だともう少し高いかも。

水揚げしても3ヶ月から6ヶ月位で別れることが多いので、よく考えたほうがいいですね。



≪管理人の返信≫
 

水揚げ・・・・ですか。私は考えたこともありませんが、心底オキニなら、そういう発想になることもあるんでしょうね。それにしても、90万円というのは・・・・

【2015/05/03】邦人による大盤振る舞いの実例

今回の磯仁様ヤンゴン体験談は、昨年12月に「ヤンゴンでモデルGET」「ヤンゴンのモデルはツンデレ?」の2回に登場した、J.J.のモデルさんとの、その後です。


文中に登場する同朋の振る舞い方に、夜遊びのベテラン様方は、読後はおそらく、相当不愉快になられるかと。
pagoda-424263_640

土曜日の夜12時に到着、ビルの入口前に屯していたチャイナドレス姿の娘に案内されて、ステージ正面入り口側のカウンター席へ座ります。


既にファッション・ショーは終盤を迎えている段階でした。そこにお目当ての彼女の姿を探しますが、残念ながら彼女の姿はありませんでした。


彼女の出番はいつもPM11:30頃ですので、この夜は完全に出遅れです。程無くショーも終わり、ステージはディスコに変わります。


ステージの近辺にはショーを終えたモデルの娘らがちらほらと居りましたが、そこにも彼女の姿は無く、しばし呆然とビールを飲み続けます。


この夜は土曜の夜とあって物凄い客の数、やはり現地の若者が圧倒的に多いのですが、中には一人で来ているファランも居りました。


また同胞の方も結構居られるようでした。が、フリーの娘は意外に少なかったです。こちらは既に相当連れ出されたのでしょうか。


途中、隣りで飲んでいた現地の若者二人組の片方が英語で話し掛けて来ます。


まずまずの英語で「ここ(のお店)の娘は高い、でもこのビルの上階や周りのビルにいる娘なら20,000Kでイケる、どうだ、俺らは今からここを出てそこへ行くからお前も一緒に行くか?」だって。


丁重にお断りしてバイバイです。まあこれが現地の方の実際の相場なのでしょうか。


この夜は珍しくフリーの娘からアプローチがありました。真っ赤な衣装を着た若い娘が、ペラペラの日本語で話し掛けて来ました。


丁重にお断りしましたが、ごく普通に日本語で会話出来るレベルの娘にはビックリです。普通なら「オニサン マッサージ イショ ネル」くらいですから。


その後もビールを飲みながら彼女の姿を探しますが見つかりません。このままでは埒が明かないので、それではと彼女の名前をメモに書いてウェイターに探すように依頼します。


心得たとばかりに頷くウェイター二名、直ぐに人混みの中へと消えて行き、直ぐに戻ってくるや「この店には同じ名前の娘が二人います。一人は背が高く、もう一人は背が低い娘です。どっちです?」と聞くので「背が低い方!」と言うや再度二人は人混みの中へ。


ビールを飲んでふと目を上げると、フロアの真ん前にこちらを見上げて微笑んでいる、普段着姿の彼女がいるじゃありませんか!すぐに手招きして横に座らせます。


聞けばショーの最中に花輪を掛けてくれたお客に付いていたそうで、ここに当方が座っているのに気が付いて来てくれたそう。良く見つけるものです!


しばらく話をしていると先程のウェイター二人が、笑いながらこちらを指差して戻って来ます。もう、全くの役立たずでしたが、その誠意だけは認めます。


まずは飲み物を注文して乾杯です。彼女、何故かRed Bullを注文。どうしてビールを頼まないの?と聞くと「ビールを飲むと酔っぱらって頭が痛くなるから止めている」 だって。


さて彼女、いつもならすぐに満面の笑みで「オニサン トゥデイ BOOKING OK?」と来るのですが、この夜は何故か言いません。それに真横に居るのにどこか上の空で、あまり嬉しそうじゃありません。


聞けばファッション・ショーの出番の時にタイ人客がフラワーを二本掛けてくれたので、ショーが終わると同時に彼の席に着いて、今まさに連れ出しの話をしている最中だったそう。


そこで当方「もしそのタイ人がブッキングしているのなら明日又来るから」と言うと、彼女はしばらく考えた後に「オニサン」とこちらを指差します。どうやらタイ人と秤にかけていたようです。


ちょっと待ってと言いながらステージ横の席に行き、しばらくして席に帰ってきました。


そのタイ人に「今日は日本人からBOOKINGされたから」とお断りしたそうで、タイ人客も笑顔で握手してお別れしたそう。


彼女にフラワー代の50,000Kを渡すとすぐに彼女は奥へ行き、バッグを持って戻って来ます。


彼女が奥に行っている間、空席になった横の席に若い三人組のフリー娘が近づいて来てこちらにアピール、珍しいこともあるものです。

CIMG2620

ビルを出てタクシーに乗る間、赤子を抱いた物乞いに付き纏われるのも今やお約束でしょうか。


タクシーに乗る前にお腹は空いているか?と聞くも「空いていない」ということで真っ直ぐにホテルに向かいます。


IDを預け部屋へ。彼女、部屋に入るやいきなりこちらに手を差しだして「オニサン プレゼント!?」だって。


こちらが無いよ、というと「ホワイ?」だって。誕生日のプレゼントは前回上げたのにいきなりこれですから。


本当はクリスマス用として持って来てはいましたが、いきなり出鼻をくじかれた感じです。


彼女、携帯が新しくなっており、今はI Phone 4Sに。これは彼女のお気に入りの日本のお方からの多大なチップで買ったそう。


そして指には金の指輪、それに腕にも金のブレス、さらに胸元には大きな宝石の付いたネックレス。これらは皆フラワーを大盤振る舞いしてくれた、日本のあるお方からのプレゼントだそう。


これらだけでも大卒ミャンマー人の給料のおよそ半年分!それにこの方から掛けられたフラワーは一回で何と700$!!


彼女の感覚がそうなるのも当然かもしれません。


ちなみにお客からのフラワー、1本5,000Kですが、そのうち彼女の取り分は40%の2,000Kだそうで、残りはハイボス(High Boss?)の取り分だそう。

CIMG2632

彼女はお気に入りの日本人のお客の名前を順番に読み上げながら、自慢げにそう話します。


ちなみに当方が自分はリッチじゃないからそんなお金は無い、出せないよ、と言うと彼女はそれでも「O.K」だそう。でもこれってきっと順位が相当低いのね。


その後本当は持って来ていた「クリスマスプレゼント」をサプライズで渡しますが、嬉しそうに袋を開けた彼女、中を一瞥しただけで手に取ろうともしません。


そりゃあ金銀パールプレゼントに比べたらこうなりますよねぇ。一瞬鼻で笑ったように感じたのは気のせい?


お互いに交代でシャワーを浴びてベッドへ。


プレイ自体はいつもながらとても淡白なもので、専ら受け身の彼女でしたが、前回と少しだけ違ったのは、こちらの動きに合わせて僅かながら彼女自らも腰を動かしたことでしょうか。


再度シャワーを浴びて程無く就寝。


が、彼女、自慢の携帯から音楽を流しっぱなしなのでその音楽が気になったのと、AM3時、AM6時頃にけたたましい呼び出し音で起こされるはで散々でした。一方の彼女はと言うと軽い寝息を立てて寝入っています。


翌朝再度と思い彼女に覆い被さりますが、寝起きの彼女が嫌がります。なおも攻めるも明らかに嫌そうにするので諦めます。それ共その気にさせられない、こちらが未熟なのでしょうか?


AM8時、「お腹が空いた」と言うので、彼女の希望のレモンジュースとタミンジョーを食べに、タクシーで近くのレストランへ向かいます。


席に座るやさっそく携帯でLINEのようなものを始める彼女。さらには今や日本人の中で一番のお気に入りのお方に電話まで掛ける始末。
いやあもう「心ここにあらず」でしょうか。


食事を終えてタクシーで部屋に戻ります。お約束のお金を渡すと彼女「オニサン トゥデイ J.J.?」と聞いて来ます。判らない、決めていない、いるかどうか探してみて?と言って誤魔化します。


荷物をまとめ部屋を出る前に最後におでこにキスしてバイバイです。一緒に部屋を出てホテル前にいるタクシーに乗せてタクシー代を渡します。


去り際に手を振ってくれる彼女、でもその姿は強い日差しのせいかどこか薄らとしか見えません。


それが彼女の心なのか、それとも当方の心が離れているのか、どちらもなのかも知れません。


≪管理人から≫
フラワー1回700USD?!
磯仁様でなくとも、溜息しか出てこないのでは?


「日本人と韓国人が、相場を壊してしまった・・・」というファランのボヤキを読んだのは、もう3,4年前だったか。


振り返ってみれば、その頃でもまだ、今よりは数倍まともだったように感じます。


≪ヒックマン様のコメント≫
これはひどいですね。私のようにヤンゴンで海外尾根遺産デビューした人間からすれば「おいおい」です。


さすがにこれは例外の話かもしれませんが、それじゃあ地元の人間も心が壊れてしまいますよね。当然の話です。


あ、予定では、7月にヤンゴンに行く予定です。やはり失望せざるを得ないのでしょうか?


≪管理人の返信≫
ヒックマン様、コメントありがとうございます。7月に行かれるのですか。


「スレ娘が9割」としても、1割はまだ純朴なわけですから、そんな娘さんを発掘してくださいませ。

  • ライブドアブログ