ヤンゴン夜遊びの花形だったJ.J.ですが、突如閉鎖の一報をこのブログでお知らせしたのが、丁度1年前でした。


節目のタイミングに合わせ、磯仁様の未公開レポート(2016/12)で在りし日を偲びましょう。エンペラーとの比較という観点でも。

 

◎ショーのレベルが上

訪れたのは平日の夜10時半。大盛況でした。既にファッション・ショーが始まっておりました。


当方は一人なのに、丸テーブル席に案内されます。と、直ぐに7,8名のフリー娘に囲まれます。「今はショーを見たいから」と言うと、その瞬間、皆さん一斉に居なくなっちゃいましたよ。


やはりここのショーはエンペラーよりも格段に上だと思います。

モデルは各組お揃いのドレス。合間にはダンスユニットによるショーが組まれ、お客を全然飽きさせません。


私服姿で背丈もスタイルもバラバラの、エンペラーの素人同然のショーよりかは余程見映えがします。

※EMPERORにも統一ドレスの組はあります。

 

◎おひとり様向き

一人でショーを見ていても、フリー娘が積極的に声を掛けて来ます。なかには何時まで?と聞いたら「貴方が2回フィニッシュするまで」と言う強者も!


場内を歩いていてもすれ違う娘らは必ず一瞥、視線が合うと皆さん微笑んで来ます。エンペラーよりも余程、一人客には合っている気がします。

◎性根の腐ったボーイ

ショーの半ばで一服と思い、邦人店長さんのいるJ.J.Cafeで休憩。

娘らがやはり休憩や食事で訪れていました。明るい蛍光灯に照らされた下で、娘さんらの容姿はハッキリ見えます。


ビールは大瓶が1本4,000K。キャッシュオンデリバリーで、その場で支払い。

ボーイ君、小さな声で「チップ!チップ!」だって。ただビールを頼んだだけなのに。しかも注いでもくれないのにチップ!って。


知らんぷりをしていたら何と、舌打ちして向こうへ。ここのボーイは以前同様腐ってますね。帰り際にもそのボーイ、「チップ!チップ!」って。


モデルと思われる娘らが三人、近くのテーブルに。こちらと目線が合うと皆さん一斉に「ハロー?」と。ここも一種の出会いの場ではありました。

 

◎管理人の感想

あの頃の光景が脳裏に甦りました。

邦人店長さんがカフェにいたことも含め、日本人のヤンゴン・ビギナーには利用しやすい店だったことは確かです。


一方で、(隣国も含め)邦人客が殺到した結果、尾根遺産やスタッフがスレてしまったのも確か。


そして、ヤンゴン風俗における存在感の大きさは、「オトコの夜遊びガイド」の他都市と比較しても絶大なものがありました。


もしマニラでエドコンが無くなる。

もしバンコクでテーメーが無くなる。

もしジャカルタでトラベルが無くなる。

それは痛手ではあっても、J.J.のケースよりは遥かにマシなのかと。

disco-JJ-Yangon

≪モンキー様のコメント≫
そうですよね全く同感です。やはりヤンゴンにJ.J.はなくてはならない存在でした。どうせならエンペラーのほうが潰れればよかったのにと思うほどに。
カフェは利用しませんでしたが、あそこのほうが明るいし、嬢の性格も若干良かった気がします。まぁ地雷もマグロも当然アリアリでしたが(笑)


≪管理人の返信≫
モンキー様、いつもありがとうございます。

地雷やマグロは、エドコンにもトラベルにもどこでも少なからずいますから、それで評価を落とすことはないですよね。


カフェは英会話が覚束ない邦人にとって価値はあったと思います。
私は利用したことはないですが。

いずれにせよ、ヤンゴン夜遊びにおける「喪失度」は甚大で、私もヤンゴン再訪をペンディングしたままです。


≪ヒックマン様のコメント≫
私はエンペラー未体験ですので比較は現段階できませんが、やはり他サイト、雑誌などをふくめて、J.J.のほうが支持されていますよね。私もJ.J.閉店は今日に至るまで大変なショックです。チップで不快な目にあっても、あの華やかさはやはり別格ですよね。


>一方で、(隣国も含め)邦人客が殺到した結果、尾根遺産やスタッフがスレてしまったのも確か。


すみません、私もその元凶の1人です(苦笑)。17年はヤンゴンに行けず、今年は行くつもりですが、エンペラーでどう渡り合えるか・・・。


≪管理人の返信≫
J.J.のほうが高評価な理由は、この記事の磯仁様の所感でほぼ納得かと。

あれだけの「栄華」を誇ったJ.J.を模して、店を始めようという発想をする資産家はいると思うのですが、当局から目をつけられての最期でしたから、そんなリスクは冒さないんでしょうね。