WFR様のヤンゴン・レポート。今回はエンペラー尾根遺産のヒアリングです。

 

*本人が言っていることをそのまま書きましたので、真偽は不明です。

*プロフィール

自称20歳。(化粧前の写真を見ましたが、実際その程度の年齢と思われます)


1年前にヤンゴンに来て、最初は工場に勤めていたが、この仕事に移って8か月経過。


日本語学校に通い始めてから6か月。2年位この仕事をして、将来は日本人向けガイドになりたいと考えている。


お客さんは日本人が専門。日本語OKゆえ、持ち帰り料金はちょっと高めで90~100K。

pagoda-959888_640

*仕事の状況

月曜日以外は毎日19時過ぎに出勤。週に3~4回はお客さんがつく。


日本人以外には中国人が多いが、彼らは嫌われており、近寄らない女性が多い。


韓国人も来るが、ガイドが団体を連れてきて、直接お金を払ってくれるので楽。


他の女性も持ち帰り料金は80K以上。半年前は60~70Kだったが、相場が上がった。


以前は朝まで一緒にいたが、今はみんな1回終了したら帰ることになっている。

年齢層は下は1#歳、上は30歳以上と様々。

*職場の内情

日本語ができる女性は3人、それ以外は決まり文句以外話せない。

英語ができる女性はほとんどいない。


ほとんどの女性はママさんの管理下にある。

料金の取り分はママ50:女性50。以前はママ60:女性40だったが、改善された。


1回終了して帰る時に客から料金を徴収、一旦全額をママに渡した上で、2週間に1回清算する。


ママさんは店に時々しか来ないが、ボーイが女性たちを常に監視しており、抜け駆けはできないようになっている。


ママさんに管理されている女性は、食事・住居が保証されている。

また、警察に逮捕されたときにはお金を払って解決してくれる。


フリーの女性も少数存在するが、逮捕されたときに自力では解決ができないのが問題。

*職場の仕組み

モデル(ショーに出る女性)は21時前に出勤。

持ち帰り料金は150~160K。

ショーは、21:30~22:15、22:20~23:00の2回。


店は23:30閉店。花輪は小5K、大50K。

代金の取り分は、ママ65:本人35。


ショーが終わると他店に移るモデルもいる。

本人がモデルになりたいと希望し、ママさんが認めれば、モデルになれる。


しかしモデルの場合、持ち帰り料が高いのと、ショーが終わるまで店にいる必要があるので、なかなか持ち帰りの客がつかないため、収入面では恵まれないようだ。


ゆえに、ショーのステージでは、みんな難しい顔をして歩いているのかも。


私服組は、お客さんが決まれば早い時間に出られるので、お客さんがつきやすい。早くお客さんがついて、早く終わるのが一番。


ほとんどの客が持ち帰り目的だが、たまに持ち帰らずチップしかくれない客がいるので困る。(私のことか?)

 

◎管理人の補足

WFR様、ありがとうございました。


取り分がママ:女性で1:1は、高いですね!

ジャカルタ・クラシックあたりでは2:1以下、なんですから。


気になったのは、「逮捕されたら」という言葉が出てくること、です。

十分に起こり得る、ということですよね。


それと、今はみんな1回終了したら帰ることになっている、これが本当ならロング派には嘆かわしい事態ですね。