オトコの夜遊びガイド:ヤンゴン編」のご購入者D2様から頂戴したレポートです。

◎警察の検問

現地に知人もいるのですが、貴PDFを購入、彼に同行してもらい方々回ってきました。


滞在中のある晩、私をホテルに送ったあと、彼は自宅への帰路で検問に遭遇してしまい、身元や車内を徹底的に調べられたそうです。


彼の話では、政権が変わって4ケ月、新担当相は実績作りに気合いを入れており、夜の検問は市内の至る所でやっている由。

 

もし私が一人で夜遅くに出掛けて、どこかのディスコから持ち帰る途中に万一警察の検問に出くわしでもしたら、外国人、特に日本人ならかなりシツコク追求されるだろうとのことでした。
pagoda-3390079_640

◎地元民用?ディスコ

貴PDFを頼りに向かったディスコでしたが21時は早過ぎたようで、テーブル席に座っている娘はたった一人だけでした。


娘らが出勤?して来たのは9時半くらいから。

10時頃には15名程になりましたが、その質はというと、見映えの良さげな娘は僅か2人程で他は皆普通。


その中に一人、妊婦?と見紛うような太った娘が居たのには驚きましたね。でもそれでも需要があるのでしょうね。


ゆっくりと見廻してみてもアピールして来る娘は誰も居ません。と思っていたら、若い娘が一人、陽気にHIPをフリフリしながらこちらに体をグイグイ擦りつけてきました。


20才くらいでしょうか、なかなかスリムでスタイルの良い娘でしたが、様子見してたら直ぐに同じカウンターの奥に居たインド系のやや年配の男性に呼ばれてしまいました。


男性客はミャンマー語が話せず、娘も英語が話せず、英語の出来るボーイが間に入って仲を取り持っていました。


◎ボーイの魂胆

知人がその会話を聞いていたのですが、娘は一晩30$で良いといっているのにボーイは「60$欲しいと言っている」と通訳。


男性が「高い、もう少し安くならないか?」と言うと、ボーイは娘に全く関係の無い話をしてから男性客に向き直って「50$でOKと言っている」と訳したそう。


結局、間を取り持ったボーイが20$抜いた訳です。


J.J.やエンペラーと違い現地の若者がメイン客層、よって娘も当然現地価格なのでしょうが、娘と直接やり取り出来ないとこうやって中間搾取されてしまうようです。


ボーイに頼らずに交渉が出来れば、J.J.やエンペラーのような日本人擦れした娘とは全く違うミャンマー娘に会えるかも知れません。


◎管理人の感想

D2様、フィードバック御礼申し上げます。

ボーイの中間搾取、ありそうな話ですね。


軍事政権下の頃なら、ミャンマーの人々は多くが純朴で正直でしたが、今はもうすっかり俗化してしまったようですから。


それから、心配なのは検問の件。

新政権の実績作り、となると、他国のような「小遣い目当てのニセ業務」ではないわけで。