今回の磯仁様ヤンゴン体験談は、J.J.でもエンペラーでもないディスコ。そこにいた尾根遺産の、ドリル責めとは?

◎接近

混んできたのは夜9時過ぎ、音楽を流し始めたのに合わせるかのように若い男女のお客、それと共にフリーと思われる娘らがどんどん溢れ出るかのように増えてきました。

さっそく一人の娘から声を掛けられます。

彼女、スタイル良く、こちらでは珍しいソバージュのセミロングの髪、ボディコン風衣装からハミ出すような胸元がソソります。

肝心のお顔は、フロアからの明かりに背を向けているせいで余り良く見えません。

英語は堪能なようで、会話には全く支障がありません。


club-2765134_640


◎誘惑

聞けばお年は28才、ミャンマー人は嫌いで、専ら外人目当てといいます。道理で英語が堪能な訳です。

肝心のお値段は「100US/一晩」(これは言い値)と、これはまだ口開けだからでしょうか。

彼女、当方を挑発するかのように向き合うと、いきなりしゃがみ込むやこちらの背中に手を廻して、まるで踊るように、ボディコンからはみ出す程の豊満な胸でこちらのものを刺激してきます・・・って、まるでこれは立ちながらのボディ洗い?

さらに立ちあがって当方に顔を近づけるや、その舌先を左の耳の穴に差し込んでドリルのようにレロレロと!

何とも大胆なアピールです。

これならサービスが期待出来るかな?と当方も思い始めたところ、ちょうどステージのレーザーが彼女の顔を照らし出します・・・・

うーん、肝心のお顔のほうは・・・ここは謹んで遠慮した次第です。



◎講釈

しかし彼女、ならばとばかりにステージの周りに立っている娘らを指差し、若い娘はどうか?と次々に勧めてきます。

近くにいた4名の娘らは明らかに若過ぎで、どうやらこちらは新人さんのようです。

彼女によれば、ここに来る娘は100名程いるそうです。

なお、皆さん一般のお客と同様に入場料を払って入店するそうなので、お店はお客同士の恋愛事には一切関知しない、ということなのでしょう。

◎2人目

カウンターにお酒を注文しに行ったところ、壁際に立っていた、ひとりの清純そうな可愛い娘に目が行きます。

思わずこちらから話し掛けて見ると、やはり彼女もそれ目的の娘なのでした。

彼女、いきなり「80US/一晩、O.K?」と!

ちなみに皆さん「一晩」とは言うのですが、大抵は一回終えたら帰ってしまうのだそう。

(これは以前J.J.で知り合って、今はここでお客を取っている娘から聞いた話です)

お互いのフィーリングもあるのでしょうが。

時間は既に10時を廻っております。フロアやその周辺までもが芋洗い状態です。

以前来た時と比べ、娘の数は桁違いに多くなっています。

ベテラン風の娘も健在ながら、その一方でまだ若い娘らもかなり多くおります。

見た限りではエンペラーやJ.J.の娘らと同等以上に思えました。