アジアの尾根遺産【ヤンゴン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、ヤンゴン関連記事だけを移転させました。

2018/4/27J.J.の一周忌に合わせ、ありし日を偲ぶ

ヤンゴン夜遊びの花形だったJ.J.ですが、突如閉鎖の一報をこのブログでお知らせしたのが、丁度1年前でした。


節目のタイミングに合わせ、磯仁様の未公開レポート(2016/12)で在りし日を偲びましょう。エンペラーとの比較という観点でも。

 

◎ショーのレベルが上

訪れたのは平日の夜10時半。大盛況でした。既にファッション・ショーが始まっておりました。


当方は一人なのに、丸テーブル席に案内されます。と、直ぐに7,8名のフリー娘に囲まれます。「今はショーを見たいから」と言うと、その瞬間、皆さん一斉に居なくなっちゃいましたよ。


やはりここのショーはエンペラーよりも格段に上だと思います。

モデルは各組お揃いのドレス。合間にはダンスユニットによるショーが組まれ、お客を全然飽きさせません。


私服姿で背丈もスタイルもバラバラの、エンペラーの素人同然のショーよりかは余程見映えがします。

※EMPERORにも統一ドレスの組はあります。

 

◎おひとり様向き

一人でショーを見ていても、フリー娘が積極的に声を掛けて来ます。なかには何時まで?と聞いたら「貴方が2回フィニッシュするまで」と言う強者も!


場内を歩いていてもすれ違う娘らは必ず一瞥、視線が合うと皆さん微笑んで来ます。エンペラーよりも余程、一人客には合っている気がします。

◎性根の腐ったボーイ

ショーの半ばで一服と思い、邦人店長さんのいるJ.J.Cafeで休憩。

娘らがやはり休憩や食事で訪れていました。明るい蛍光灯に照らされた下で、娘さんらの容姿はハッキリ見えます。


ビールは大瓶が1本4,000K。キャッシュオンデリバリーで、その場で支払い。

ボーイ君、小さな声で「チップ!チップ!」だって。ただビールを頼んだだけなのに。しかも注いでもくれないのにチップ!って。


知らんぷりをしていたら何と、舌打ちして向こうへ。ここのボーイは以前同様腐ってますね。帰り際にもそのボーイ、「チップ!チップ!」って。


モデルと思われる娘らが三人、近くのテーブルに。こちらと目線が合うと皆さん一斉に「ハロー?」と。ここも一種の出会いの場ではありました。

 

◎管理人の感想

あの頃の光景が脳裏に甦りました。

邦人店長さんがカフェにいたことも含め、日本人のヤンゴン・ビギナーには利用しやすい店だったことは確かです。


一方で、(隣国も含め)邦人客が殺到した結果、尾根遺産やスタッフがスレてしまったのも確か。


そして、ヤンゴン風俗における存在感の大きさは、「オトコの夜遊びガイド」の他都市と比較しても絶大なものがありました。


もしマニラでエドコンが無くなる。

もしバンコクでテーメーが無くなる。

もしジャカルタでトラベルが無くなる。

それは痛手ではあっても、J.J.のケースよりは遥かにマシなのかと。

disco-JJ-Yangon

≪モンキー様のコメント≫
そうですよね全く同感です。やはりヤンゴンにJ.J.はなくてはならない存在でした。どうせならエンペラーのほうが潰れればよかったのにと思うほどに。
カフェは利用しませんでしたが、あそこのほうが明るいし、嬢の性格も若干良かった気がします。まぁ地雷もマグロも当然アリアリでしたが(笑)


≪管理人の返信≫
モンキー様、いつもありがとうございます。

地雷やマグロは、エドコンにもトラベルにもどこでも少なからずいますから、それで評価を落とすことはないですよね。


カフェは英会話が覚束ない邦人にとって価値はあったと思います。
私は利用したことはないですが。

いずれにせよ、ヤンゴン夜遊びにおける「喪失度」は甚大で、私もヤンゴン再訪をペンディングしたままです。


≪ヒックマン様のコメント≫
私はエンペラー未体験ですので比較は現段階できませんが、やはり他サイト、雑誌などをふくめて、J.J.のほうが支持されていますよね。私もJ.J.閉店は今日に至るまで大変なショックです。チップで不快な目にあっても、あの華やかさはやはり別格ですよね。


>一方で、(隣国も含め)邦人客が殺到した結果、尾根遺産やスタッフがスレてしまったのも確か。


すみません、私もその元凶の1人です(苦笑)。17年はヤンゴンに行けず、今年は行くつもりですが、エンペラーでどう渡り合えるか・・・。


≪管理人の返信≫
J.J.のほうが高評価な理由は、この記事の磯仁様の所感でほぼ納得かと。

あれだけの「栄華」を誇ったJ.J.を模して、店を始めようという発想をする資産家はいると思うのですが、当局から目をつけられての最期でしたから、そんなリスクは冒さないんでしょうね。

2018/2/18ロングの約束だったのに

今回紹介いたします、初ヤンゴンの体験談はD様から頂戴しました年末年始の遠征記です。

◎ひとり飯スポットの感想

M.G.Mホテル北隣のNew Ordeenでカレーを注文しました。過去記事の写真と全く同じものが出てきて笑ってしまいました。

20161015_124041


南隣のY.K.K.Oでは、チェオを注文。とても美味しかったです。現地ツアーガイドの方もここのチェオは美味しいと言ってました。

 

◎エンペラーはやはり強気の商売

  • 入場料は8,000チャット。
  • VIPルームは高いからやめたほうが良いと言われる。
  • オネーサンの値段は値上がりして100,000~130,000チャットに。ボーイ曰く、日本語や英語できる女の子は高いと。
  • ゴムを勧めて来るボーイには2,000チャット、ボーイにはよく動いてくれたので5,000チャット渡しました。後から考えると渡し過ぎですね。
  • M.G.Mホテル界隈からエンペラーまではcity taxiだと2,000チャット、エンペラーのタクシーを使うと5,000チャット。

◎肝心の尾根遺産は

 

何人もの中から迷いに迷って指名。

体は過去最高のスタイル。胸はいつも通り盛られていて、残念おっぱいと思っていたら細身で巨乳。39インチ。


ところが、キスなし、フ☆ラなし、ビジネスライクで面白くなかったです。こちらはロングを伝えているのに、終わり次第即シャワー。


「はぁ?」となり聞いてみると、相手の言い分は「私はオールナイトの話はしていない(以下略)。」との感じで終わり。

こちらの体調も悪かったので交渉もやめました。

 

◎初エンペラーの印象は

60近くと思われる人もかなりいて驚きました。

今までの経験(シェムリアップのトップタウン、ジャカルタのトラベル)を思い出して行ってみたら、なんてことありませんでした。


エンペラー周辺を歩いたのですが、ポン引き?が日本語で話しかけてきました。

ホテルに戻った後に調べてみると

  • 「日本のお金を見せてくれ」
  • 「(今住んでいる国の)お金を見せてくれ」
  • 「場所はすぐ近く」
  • 「女、安い」

などなど、強盗置屋?かもしれませんね。エンペラーのような服装ではありません。

 

◎初ミャンマーの印象は

街の雰囲気はインドネシア未満カンボジア以上。まだまだこれからの国と感じました。

街の尾根遺産を見ていると、キレーな方が多い!顔立ちが日本人に近い人が多いように感じました。体調が良ければ、別の人ともう一戦交えたかったです。

 

◎管理人から

 

D様、レポートありがとうございました。

年末のひとり飯記事が早速に役だったようで、それはよかったですが、エンペラーはちょっとご期待に沿えなかったようで。

インドネシア未満カンボジア以上、とはなかなか言い得て妙ですね。

≪ヒックマン様のコメント≫
D様、ANW様、貴重なヤンゴン情報ありがとうございます。


チップのあげすぎも難しいし、またロングの約束も往々にして反故になるからこれも不快ですよね。私の経験では、ロングで付き合ってくれた女の子は、向こうの方からディープキスを仕掛けてきたり、積極的に脚も開いてくれたので、かなり私に好印象を持っていたのかなと思います。


昨年はヤンゴンに行けなかったので、今年こそはエンペラーデビューしたいのですが、チップ攻撃に悩まされながらもJ.J.は私の感性に合っていたので、どうなるか楽しみでもあり不安でもあります。


≪管理人の返信≫
ロングの約束が往々にして反故にされるのは、フィリピンなどでもよく起こることですからね。

おっしゃるとおり、気にいってもらえたかどうかで、尾根遺産の態度が変わってくるのも確かでしょう。


オトコの夜遊びガイドにも書いているのですが私の場合、1回戦終わって尾根遺産が帰りたがったら、自分と相性が悪かったんだな、と悟って引き止めません。


≪Na様のコメント≫
はじめまして!
4月に初めてヤンゴンに入ります。

そこでいくつかご教授いただきたいのですが、ホテルへの連れ込みについてノボテルに宿泊しますが、連れ込みは難しいですか??

また、ガパリなどのリゾートにも風俗は存在するのでしょうか??
色々と調べはましたが、何卒宜しくお願い致します。


≪管理人の返信≫
Na 様、お問い合わせありがとうございます。


ノボテルに私自身は宿泊経験が無いですし、知人でも聞いたことはないので確実なことは申し上げられません。

格の高いホテルへの数少ない宿泊経験から申し上げられることは、娘のIDは必須ということです。


どこで遊ばれるか存じませんが、連れ出したい候補娘のママに、過去ノボテルへ誰かテイクアウトされたことがないか、訊いてみる手はあるかと存じます。


それからガパリについては存じません。

ミャンマーの地方風俗は、リゾートではなく昔から現地民用にあるものだと私は認識しております。


ご期待に沿えるような回答ができず申し訳ございません。


≪Na様の再コメント≫
ご丁寧にありがとうございました!
ありがたい限りです。

ミャンマーは初心者なのでemperorで肩慣らししたいと思います(笑)

また是非、色々とご教授いただけると幸いです。今後も何卒宜しくお願い申し上げます。


≪管理人の返信≫
そうですね、エンペラーを知らずしてヤンゴン夜遊びは語れませんからね。


過去記事にありますが、エンペラーの前というか隣のビルにある置屋スタッフが非常に態度が悪いので、ポン引きみたいな輩にはくれぐれもお気をつけください。


≪田中様のコメント≫
いつもたのしみに読ませてもらっています。
ノボテルホテルに関しての質問があったのでコメントさせてもらいます。


ノボテルへの連れ込みの件ですが、IDカードが本物(他人のでも可)で、18歳以上であれば大丈夫です。予約も1人でOKです。なお、女の子が帰る際、セキュリティースタッフが女の子の鞄をみて、宿泊客およびホテルの備品を盗んでいないかチェックしてくれます。

あと、ノボテルは、ホテルのロビーを通らず、テナントの入り口から部屋へ行くことが出来ます。その場合、セキュリティーチェック、IDチェックはありません。ただ、女の子が帰る際、セキュリティースタッフによるチェックは無いので、貴重品の管理は自己責任になりますね。


4月にヤンゴンへ行かれると言っていましたので、このコメントが間に合えばいいのですが。


≪管理人の返信≫
田中様、コメントありがとうございます。

そうですか、ノボテルは1名予約でも大丈夫なのですね。

しかもテナント側から部屋に直接向かえる、という点は、ケースによっては利用価値もありそうですね。

2017/12/24ひとり飯のおすすめスポット

ヤンゴンって、夜遊びスポットが散在しているし、宿泊エリアも広範囲です。


そこでかなり限定的になりますが、バホシ・ホテル近辺で3ケ所、紹介致します。

うち2軒は磯仁様に推奨いただいてから、私自身が実際に食べに行きました。

◎現地飯も和食もあり

20161015_215202


1軒目はバホシから北西にある、M.G.Mホテルの北隣にあるニュードリーン。

現地料理、中華料理、それに和食まで。


日本人はタッチしていないようで、和食のレベルは相応ですが、このエリアに他に日本食レストランがなかったので。

カレーを頼んだら、まるっきりバーモントの味!でも、舌が懐かしがっていました。

20161015_124041

◎丸亀製麺と提携した名店

バホシからM.G.Mに向かう途中の、大きな四つ角にあるのが「Y.K.K.O」の支店。1988年創業で、ミャンマー全体で37店舗。


チェオーという麺料理が名物ですが、コーヒーもヤンゴンにしては美味しいので、カフェとしての利用価値もあります。

DSC_1276


チェオー(Kyay-Oh)はシャン地方の麺料理。シャン地方はミャンマーの中でも、料理がおいしい地域として有名なのです。


ミャンマーの麺料理といえば多くの方がモヒンガーを想起されるでしょうが、チェオーのほうが私的にはおすすめです!!

美味しかったので、翌日に即リピしました。

DSC_1275


M.G.Mの向かいに、旅行ガイドにも載るシャン料理の高級店もありますが、高いだけでなく大皿料理が多いので、ひとり飯には敷居が高いのです。


「Y.K.K.O」はミャンマーの外食最大手なんだとか。ネットで店名をググれば、絶賛の嵐です。


ヤンゴンにも各地に支店があります。

公式HPで最寄りの支店所在地も調べられます。

 

で、この10月にY.K.K.Oと提携を発表したのがトリドール・ホールディングス。丸亀製麺を世界展開している会社です。

日経新聞の記事リンクです。


丸亀製麺としてヤンゴンにすぐに出店はせず、タイの水上マーケットで働く人たちが日常的に船上で食べる小さなスープヌードルをルーツとした「ボートヌードル」業態にすると。


私個人としては、丸亀製麺そのものがヤンゴンに出来たら嬉しいのですが、価格設定がヤンゴンでは高くなり過ぎるそう。

 

◎現地料理も洋食も

レストラン feel は、入口がY.K.K.Oの隣で、お店は階段を上がった2F、Y.K.K.Oの上階です。

ミャンマー料理主体で他に中華と洋風料理が。

営業時間はAM9:00-PM10:00。

此処は私が実食していないので磯仁様のレポで。

feel


店内にはこのような大皿料理のコーナーがあり、好きな料理(ミャンマー料理)を選べます。

当方が頼んだのはご飯におかず2品で35,000K、もちろんお酒(ビール)も置いています。

 

初日は夜に行ったのですが、気に入ったので次の日のお昼にも再度入店。

が、ちょうどランチタイムで店内は物凄いお客。

この時間だけは避けた方が無難かと思います。


チキンカレー 2,500K

ほんのりと辛くてご飯(ビール)が進みます。

ここは安くて美味しいの一言でしょうか。


入口の看板にはこの日のお勧めメニューも。

英語の出来る店員さんも居られます。

ファラン客も訪れていました。


Y.K.K.Oには無いサンドイッチやステーキなどの洋風メニューも豊富ですので、脂っ濃いミャンマー料理は、もううんざりだ!という方の選択肢の一つにも良いかと思います。

  • ライブドアブログ